先日、2014年度のニューズウィーク日本版で、「0歳からの教育」と題した記事を読みました。

その中で、英語教育についても興味深い言及がありました。

 

ある研究で、アメリカ人の生後9カ月の赤ちゃんを対象に、中国語のネイティブに直接話しかけられたグループと、DVDを見せるだけのグループとに分け、

どれだけ中国語の音を聞き分けられるかを実験したそうです。

すると、ネイティブに直接話しかけられたグループの方が、中国語の音を聞き分けられるようになるのが早い、という結果が出たとのことでした。

 

これは、「子どもが言葉を覚える過程では、周りとの関わりが必要だ」ということを示していて、

DVDや英語の音楽を使う際には、親が一緒に聞いて、

「次は何が出てくるかな?」

「なんて言ってるのかな?」

などと声をかけると、子どもの注意力が増して、吸収力が高まる、とのこと。

 

しかも驚きなのは、この声かけが、日本語でもいいそうなんです。

 

確かに、英語の音は、注意して聞かない限り、日本人の子どもにとっては雑音に聞こえます。

ぼーっとDVDを見ているだけでは、画面の映像だけで話の流れを推測してしまい、言葉が耳に届いていない、ということですよね。

 

なので、ご自宅で英語教材を使われるときには、日本語でもいいので、一緒に聞いたり、一緒に歌ったり、

お子様と「関わる」ということが重要だ!ということでした。

 

 

多分これは、音楽のメロディーラインも同じだと思います。

 

ただ聞くだけじゃなくて、「注意して聞く」ことで、より音感が鍛えられると思うんです。

 

Music Togetherのクラスでは、できるだけ子どもの注意をひこうと工夫をしています。

だけど、ママが注意して音を聞いていない場合、子どもも注意して聞くようにはなりません。

 

親が真剣にスマホを使っていると、興味を持って「ぼくにも触らせて」と寄ってきますよね。

なんで興味があるのか、と言ったら、大人が面白そうに使っているからです。

 

なので、まずはお母さんたちが注意して音を聞くようにすることが、音楽センスや、英語耳を鍛えるためのファーストステップです。

 

 

そして、

クラスで遊んだことを、家でも同じようにご家族とやっていただくときには、

「この曲、面白い曲だね」とか

「この曲のメロディーは綺麗だね~」とか、

声掛けをして注意をうながしながら遊んでみてください!