こんにちわ!

MusicTogether@米沢のKyokoです。

 

MusicTogetherのお教室は、

それぞれの場所で独自に運営されているのですが

お教室の名前「イマココ・ミュージック・トゥギャザー」は私が決めました♪

 

なぜ「イマココ」にしたのか?というと

今・ここ(now & here)

を感じて欲しい!という願いがあったからです。

 

時間の概念には、

 

過去--現在--未来

 

と3つありますが、

 

ママ達にも子ども達にも、

 

過去のことに縛られず、未来のことを不安に思わず、

 

「今、この場所(現在)を大切に生きて欲しい」

 

そう思ったんですよね。

 

 

特に「英語で音楽教室!」なんていうと、

将来のために良さそう、という観点でいらしてくださる親子は多いのですが

 

きっと、将来いきてくるのは、

を親子で目いっぱい楽しんだ」という経験じゃないかと思うのです。

 

イマココという響きも、

なんだかナタデココとかみたいで可愛いし

ハワイっぽい感じもするし…(笑)

 

これ、結構いいんじゃない?と興奮して名付けたImakoko Music Together。

 

もはや、自分でも呼んでないし、

 

子ども達は「ハロー、今日は行かないの?」というふうに

「ハロー」という教室名を付けてくれてる子が多いし

 

意識する機会も少ないのですが、

とてもとても気に入っている名前なのです。

 

 

ちなみに、お教室は

お月謝も、宣伝の方法も、いつから始めるのかも、

講師(オーナー)が自由に決めていい仕組みになっています。

 

教材こそ決まっているし、いくつかのルールは決められてはいますが

どんな風に遊ぶか、内容も自由に考えていいんです。

 

逆に言えば、「この曲はこう遊ぶ!」と決まっているわけではないので

 

講師は「こうしたら面白いんじゃないか」「これは子どもには難しいかな」とか

試行錯誤して、子ども達とママ達の反応を見つつ進めています。

 

たまに、子どもから思い通りの反応が返ってこないもんで

プランしていた内容と全く違うことをしたりもしてるんですよ^^

 

米沢に来てからは、

なんとなく東京のママ達とは雰囲気が違っているような気もして

テッパンだと思っていたネタが通じないかも…という不安があったりします(笑)

 

なにが正解なのかわからなくなるのですが、

「正解なんてないのかも、自分の好きにやろう!」と思って

毎回のレッスンを楽しんでいます。

 

 

もう、ジャズでいえば即興のセッション。

 

常に、何が生まれるかドキドキワクワクの音楽プログラムを

ぜひ体験しに来てくださいね!