Music Togetherは、「親も参加する音楽クラス」というのが基本です。

もちろん子どもが小さければ親は一緒についてくる必要がありますが、

一緒についてきて、子どもだけにやらせるのではなくて、

 

親がやる。

 

それが大事だとしています。

 

それは、音楽が、誰かと一緒に「楽しいね」というのを感じることで、

より楽しさを得られるものだからです。

 

子どもは、親の興味があるものが大好きです。

スマホなどが好きなのも、機械が好きだという理由よりも、

大人が楽しそうに触っているから好きなんです。

 

なので、親が「楽しんで」やっていると、子どもも自然と楽しむようになります。

 

そこには、音痴だろうが、リズム感がなかろうが関係ありません。

とにかく楽しんでいる姿を見せることが重要です。

 

また、子どもは子どもなりのリズムがあります。

 

子どもの手をとって、無理やり何かをたたかせると、

そのリズムと子どもが身体の中で感じているビートとのずれが生じて、

混乱してしまうと思うんです。

 

なので、とにかくお母さんたちは、自分たちで楽しんでしまってください。

そしてその姿を子どもたちに見せてほしいんです。

(ご自身のお子さんではなくても、隣に座っているお子さんが見ていることも多いです)

 

子どものために、と思って、

「子どもが興味を示すかどうかを見たい」と思っている方は多いのですが

 

実際、親が興味を示せば、どんな子でも参加します。

 

「最初だけしかノッてやらないんですよね」という方もいますが、

子どもが飽きている時って、多分、お母さんも飽きてるんです。。

 

なので、体験レッスンに来たお母さんたちには、

「10週間、自分が楽しめるか」という方を重視して感じて頂ければと思っています。